私はただお酒を飲みたい

あつあつ燗……お絵かきとアメコミ映画と特撮と猫が好き。うつ病治療中。日本酒は福寿と白鷹が好き。大体Twitterにいます。

私はただお酒を飲みたい…うつ治療中の社会人によるブログ

不安フィルターの話

ドキドキ不安になりながら心理検査の結果を尋ねたら「障害はあっても軽度ですね」とサクッと言われました。

というわけで、改めましてうつ病のあつあつ燗です。

主治医の先生、とてもスンッ……と冷めておられるんですよね。

それが逆に裏表が無くていいと思う場合が多いですが。

 

今回は「不安」のことです。

私は不安になりすぎる傾向があります。

買い物ひとつとっても↓こんな感じです。

f:id:aine21rem65:20190713124133j:image

店員さんに失礼なくらい思い込みが激しいんです。(実際に思っているかもしれませんが……)

毎回フィルターがかかるので、人と接する度につらさが蓄積されていって、疲れてしまうのです。

このフィルターとは長年付き合ってるんですけど、どうやっても外れない。

特にうつ状態の時は分厚いフィルターが何枚もかかって、世界を拒否してしまうので困りものです。

けれど外れないなら、上手く付き合っていくしかないです。

 

私の場合、その場ではフィルターを外す余裕がありません。

なので、後から自分に突っ込みます。

「そんなわけないやろ!」「なんでやねん!」って。

関西人じゃなくても、これは有効だと思います。

関西人でない人は、心の中に関西人を住まわしてみてください。

辛辣じゃない関西人ですよ。

そして、今日の出来事で不安に思ったことひとつひとつに「なんでやねん」「考えすぎやろ」「そんなわけないやん」と突っ込んでみるんです。

時には相手の立場を想像して、考える。

疲れてるのかな、忙しいのかな、普通だったな、なんて。

すると、心の中が自然と整理されて、モヤモヤが晴れてきます。

あくまで最近の私のやり方です。

 

ただコレ、うつ状態が酷すぎる時は関西人効かないので注意。

インドの悠久に思いを馳せるくらいの休息が必要です。