私はただお酒を飲みたい

あつあつ燗……お絵かきとアメコミ映画と特撮と猫が好き。うつ病治療中。日本酒は福寿と白鷹が好き。大体Twitterにいます。

私はただお酒を飲みたい…うつ治療中の社会人によるブログ

手帳をもらった話

障害者手帳を交付されました。
精神障害者福祉手帳です。
等級は3級。
うつ病として申請しました。

 

私としては、少しでも経済的負担を減らしたいという思いで申請しました。
私の地域では、一部の公共交通機関が無料になるのです。
他にも税金や公共施設の利用料など、色々あります。
レッテルを貼られる、記録に残ると母には言われましたが、押し切りました。

 

申請方法としましては、

①主治医に申請したい旨を伝え、診断書を書いてもらう。
②写真やハンコ等を持って、役所の福祉課に行って申請する。
③ひたすら待つ。(1〜2ヶ月)

という簡単なものです。


自立支援医療制度の用紙があればスムーズに進む場合がありますので、持っていくといいかもしれません。
1つ注意したいのが、公共交通機関が安くなったりタダになったりする福祉パスは、即座に貰えるものではないということ。
手帳を交付されてから申請するためです。
更に1ヶ月かかります。

 

手帳を申請した理由は、もう一つあります。
就労支援を受ける際に利用したかったのです。
元の職場には戻りたくありませんが、働きたい思いはあります。
手帳を提示すれば、利用しやすいと小耳に挟んだというか、調べたらそう出てきたのです。
不確かな情報ですみません。

 

確かにレッテルを貼られるかもしれません。
しかし、私にとっては今更なのです。
周囲に溶け込めず、変わり者だとヒソヒソされていた身としては。
むしろ、名前がつくならそのほうがいい。

以上、ご報告でした。