私はただお酒を飲みたい

あつあつ燗……底辺社会人。お絵かきとアメコミ映画と特撮と猫が好き。うつ病治療中。日本酒は福寿と白鷹が好き。大体Twitterにいます。

私はただお酒を飲みたい…うつ治療中の社会人によるブログ

うつ病のときの限界的な栄養の取り方

f:id:aine21rem65:20190503125746j:plain

 

うつが酷いときって、何を食べても味がしません。

しかも用意することすら辛くて、何も食べなくなってしまうことも……。

餓死してもいいやって気になってしまいます。

 

今回はそんなうつの困った状況において、どうすれば楽か、栄養士の学校で学んだ知識と、実際にうつ病になった経験を元に書いていきたいと思います。

ご家族にうつ病患者さんがいらっしゃる方はぜひご参考にしてください。

 

 

  • 基本は何も食べたくない

 

うつ状態だと、何も口にしたくない時期があります。

このまま放置すると脱水・飢餓状態になってしまいます。

けれど「入院するほどではないな……」というとき。

活躍するのが液体経口栄養剤、ゼリー飲料です。

具体的にはエンシュア・リキッド、メイバランス、ウィダーinゼリー、カロリーメイトのゼリータイプなど。

私のオススメはウィダーinゼリー等のビタミンゼリーです。(おいしいから)

最低でも上記の1つと、ポカリや水、そしてできればエネルギー源になるもの(米、小麦etc)を食べれるぶんだけ用意しましょう。

私は、ゼリーを箱買いしてました。

できればビタミンとエネルギー、タンパク質といった、生命維持に必要な栄養素を揃えたいですが。

 

食べたいもの+栄養ゼリー+水分

が基本です。

 

正直、うつ期にしっかりした料理は厳しいです。

私も1日1食、ゼリーと甘いものだけという日が何日もありました。

味は濃い甘味か塩味で、それでも食べたら万々歳な状態です。

食べたくない時期は、栄養バランスには目をつぶって、食べられるものだけでまかないましょう。

本当に食べない日が何日も続くようでしたら、お医者さんと相談し、入院や点滴も考えましょう。

 

 

  • 食欲が回復してきたら

 

お薬や休息によって症状がマシになっていくにつれ、食欲も回復していきます。

興味関心がまだ戻っていなくても、食欲だけはある場合が多いそうです。

私もそのうちの1人です。

 

この時に気をつけたいのは、炭水化物・砂糖類の摂りすぎです。

私の場合、どうしても麺類やお菓子などを食べがちになります。

ですが、過剰な高カロリー食は体重増加だけでなく、うつ状態の再発にも繋がりかねません。

(炭水化物の過剰摂取→体内の過酸化物の増加、砂糖類の過剰摂取→膵臓のインスリン分泌の疲弊)

この時期は、野菜と果物をメニューに増やしましょう。

不足していたビタミン類を摂取するチャンスです。

もちろん、炭水化物や砂糖類を完全に抜いてはいけませんが。

 

また、うつ状態だと脂っこいものを食べたくない方が多いです。

しかし、脂肪分が足りないと、抑うつ症状を悪化させます。

そんな時はを食べるようにするといいです。

魚、特に青魚には不飽和脂肪酸という、人の神経細胞の細胞膜を作るのに欠かせない栄養が入っています。

他にも、世間で話題のアマニ油なんかも、不飽和脂肪酸です。

アマニ油は火にかけず、完成した料理に少し垂らして食べると、化学反応をおこさず、不飽和脂肪酸のまま摂取できます。

 

 

  • うつと食事

 

うつ治療は「義務から離れて休息すること」、それと薬物治療が基本です。

しかし軽症のうつなら、食生活の改善がうつ病を軽快させます。

上記で挙げた食材を意識しつつ、規則正しいバランスのとれた食生活を送ることが大切です。

 

……と言っても、それがなかなか簡単にいかないのがうつ病なんですけどね。

甘いものばっかり食べちゃうし、野菜や魚は高いし。

なので、少し意識するだけでいいと思います。

「ちょっと緑のものを入れてみよう」「おやつは果物にしよう」

達成感もありますし、気分がだいぶ違ってきますよ!

 

 

いかがでしたでしょうか。

少しでもお役に立てれば幸いです。