私はただお酒を飲みたい

あつあつ燗……お絵かきとアメコミ映画と特撮と猫が好き。うつ病治療中。日本酒は福寿と白鷹が好き。大体Twitterにいます。

私はただお酒を飲みたい…うつ治療中の社会人によるブログ

中学で不登校だった漫画

f:id:aine21rem65:20190402094803j:image

f:id:aine21rem65:20190402094811j:image

 

中学1年生でいじめを受け、中学2年生の頃に不登校になりました。

当時、母に無理やり学校へ連れていかれそうになり、山へ逃走したため、教師や警察に捜索され、もう少しで警察犬に噛まれるところでした。(マジで)

幸い警察犬には噛まれず、フリースクールへ通うことになりましたが、もう何もしたくありませんでした。

いくらカウンセリングを受けさせられても、どうせ社会に出たところで生きていけない、いつしのうかとばかり考えていました。

考えてみればこの頃から、本格的な治療が必要だったのでしょう。

 

春という時期は、幼稚園から今まで、美しくも大嫌いな季節だといつも思っていました。

ですが今回は休職中に春を迎え、初めてその美しさが本当に無慈悲で、そして単なる季節のひとつなのだと実感しました。

可愛らしい花を咲かせた梅も、ちいさな蕾をつくった桜も、雅になった元号も、そこに在るだけで、生きる力を添えてくれるわけではない。

生きる力や慈悲は自分で見つけるものであり、運が良くなければ見つからないもので、でもどこかに存在するもの。

私の場合、良い病院を見つけて休職してお薬を飲んで、肩にずっとのしかかっていた苦痛が少し軽くなりました。

社会保障にも助けられています。

 

この記事を読んでくださっている方が学生さんや会社員で、もし悩んでおられるなら、何処か第3者機関に助けを求めてほしいです。

助けてくれないかもしれないけれど、いくつも探してほしい。

なんとか時間とお金を捻出して、精神科や心療内科に行ってほしい。

必ずしも解決するわけではないかもしれない、でも少しはマシな気分になったほうが良いに決まってます。

決断はそれからでも遅くはないです。

 

以上、底辺社会人からの必死なお願いでした。